Loading

NTTデータ「達人シリーズ」 【電子申告の達人】委任関係の登録について

 

平成31年1月4日より、個人情報のセキュリティ強化のため、個人納税者のメッセージボックスに届くメッセージを閲覧するためにe-Taxにログインする際、従来の利用者識別番号と暗証番号による認証に加えて、電子証明書による追加認証が必要になります。

本運用の開始に伴い、個人納税者と税理士などの委任関係をe-Taxに登録することで、個人納税者のメッセージボックスに届く「所得税等、消費税及び贈与税の申告について」のお知らせを税理士のメッセージボックスに転送できるようになります。

委任関係の登録は以下の手順で行います。
■事前準備として
1. 「電子申告の達人」の「送受信の設定」画面に、個人納税者の情報が登録されていることを確認する。
2. e-Taxの受付システムで、税理士のカナ氏名を登録する

■事前準備完了後
STEP①. 「電子申告の達人」で、e-TAX受付システムに「委任関係の登録依頼」を送信する
STEP②. e-TAX受付システムで、「委任関係の登録依頼」に対し承認する

※ 上記作業のうち、平成30年12月14日現在で行うことができるのは事前準備:1のみです。
事前準備:2・事前準備完了後の操作は、平成31年1月4日以降に行うことができます。

 

■事前準備:1.「電子申告の達人」の[送受信の設定]に、個人納税者の情報が登録されていることを確認する

上記手順
■STEP1を行う際、「電子申告の達人」の[送受信の設定]画面に、個人納税者の[フリガナ][利用者識別番号][暗証番号]を設定している必要があります。登録状況を確認し、未設定の項目があればあらかじめ設定しておきます。
なお、[フリガナ]は必ず「全角カタカナ、全角英数字、全角スペース、全角長音(ー)」のみを使用して設定してください。


 

■事前準備:2.e-Taxの受付システムで、税理士のカナ氏名を登録する

以下の手順で、税理士のカナ氏名をe-Tax受付システムに登録します。

※ 本操作は、平成31年1月4日以降に行うことができます。
以下の手順で使用している画面はイメージです。
実際の画面は平成31年1月4日以降に表示される画面をご確認ください。

① Internet Explorerを起動し、国税電子申告・納税システム(e-Tax)のホームページから受付システムに移動します。

② [受付システム ログイン]画面が表示されるので、税理士の利用者識別番号と暗証番号でログインします。 ※ [暗証番号を表示する]をクリックしてチェックを付けると、入力した暗証番号を目視で確認できます。

③ [メインメニュー]画面が表示されるので、[各種登録・変更]-[税理士カナ氏名(納税者表示用)の登録・変更]をクリックします。

④ [税理士カナ氏名(納税者表示用)の登録・変更]画面が表示されるので、[税理士カナ氏名(納税者表示用)]に全角30文字以内で税理士の氏名をカナ入力します。
入力内容に誤りがないことを確認したら[登録・変更]ボタンをクリックします。

※ 「委任関係の登録」の操作のみに使用するため、屋号など分かりやすい名称を使用しても問題ありません。姓と名の間にスペースを入れる場合は全角スペースを入れてください。
※ [クリア]ボタンをクリックすると、入力内容を全て削除できます。

⑤ [登録・変更内容の確認」画面が表示され、手順④で入力した内容が表示されます。

以上で、e-Taxの受付システムで、税理士のカナ氏名を登録する操作は完了です。[戻る]ボタンをクリックすると、[メインメニュー]画面に戻ります。

 

■STEP1:「電子申告の達人」で、e-Tax受付システムに「委任関係の登録依頼」を送信する

以下の手順で、個人納税者から税理士に対する委任関係の登録依頼を送信します。
※ 本操作は、平成31年1月4日以降に行うことができます。
以下の手順で使用している画面はイメージです。
実際の画面は平成31年1月4日以降に表示される画面をご確認ください。

※ 必ず事前準備:1、2を行ってから操作を始めてください。
事前準備が完了していない場合、STEP1の操作の途中でエラーとなり、操作を完了できません。

①「電子申告の達人」を起動し、[送受信の設定]をクリックします。

②[送受信の設定]画面が表示されるので、[国税/地方税選択]で[国税]を選択し、[共通設定(e-Tax登録情報)]タブをクリックします。
※以下の画像では[利用者種別]で[納税者]を指定しています。

③ 該当の個人納税者をクリックして選択し、[委任関係登録]ボタンをクリックします。
※[Ctrl]キーや[Shift]キーを押下しながらクリックすると、一度に複数の個人納税者を選択できます。

④[委任関係の登録]画面が表示されるので、[参照]ボタンをクリックします。

⑤[利用者一覧]画面が表示されるので、委任関係の登録を依頼する税理士をクリックして選択し、[確定]ボタンをクリックします。

⑥[委任関係の登録]画面に戻ります。選択した税理士の利用者識別番号が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

⑦ 確認画面が表示されるので[OK]ボタンをクリックします。

⑧[委任関係の登録依頼完了]画面が表示されます。[結果]に[正常]と表示されていることを確認します。以上で登録依頼の操作は完了です。[閉じる]ボタンをクリックします。
※[保存]ボタンをクリックすると、画面に表示されている情報を任意の場所にCSVファイルで保存できます。
※個人納税者が委任関係の登録を依頼した税理士のe-Taxのメッセージボックスに「委任関係の登録依頼通知」が格納されます。

 

■STEP2:e-Tax受付システムで、「委任関係の登録依頼」に対し承認する

以下の手順で、e-Tax受付システムに届いた税理士宛ての「委任関係の登録依頼」に対し承認します。
※本操作は、平成31年1月4日以降に行うことができます。以下の手順で使用している画面はイメージです。実際の画面は平成31年1月4日以降に表示される画面をご確認ください。

① Internet Explorerを起動し、国税電子申告・納税システム(e-Tax)のホームページから受付システムに移動します。

② [受付システム ログイン]画面が表示されるので、税理士の利用者識別番号と暗証番号でログインします。※ [暗証番号を表示する]をクリックしてチェックを付けると、入力した暗証番号を目視で確認できます。

③ [メインメニュー]画面が表示されるので、[各種登録・変更]-[委任関係の確認・承認・解除]をクリックします。

④ [委任関係の確認・承認・解除(未承認一覧)]画面が表示されるので、委任関係を承認する納税者の[承認]のチェックボックスをクリックしてチェックを付け、[実行]ボタンをクリックします。※ 委任関係を承認しない場合、[否認]のチェックボックスをクリックしてチェックを付け、[実行]ボタンをクリックします。複数の登録依頼が表示されている場合、[承認]又は[否認]のチェックボックスの上にある[全て]のチェックボックスをクリックしてチェックを付けると、一括で[承認]又は[否認]のチェックボックスにチェックが付きます。

⑤ 確認画面が表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

⑥ [委任関係の更新確認]画面が表示されるので、結果を確認します。以上で、「委任関係の登録依頼」に対する承認の操作は完了です。[戻る]ボタンをクリックすると、メインメニュー画面に戻ります。
※ 税理士が委任関係を承認した個人納税者のe-Taxのメッセージボックスに「委任関係の承認完了通知」が格納されます。

 

関連記事

  1. NTTデータ「達人シリーズ」大阪セミナー 【タイトル:電子申告義…
  2. 2019年 IT導入補助金情報
  3. 2019年度 IT導入補助金
  4. NTTデータ「達人シリーズ」大阪セミナー 【タイトル:年調・法定…
  5. JOIN給与・賞与計算システム            「健康保険…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP