Loading

「 AI-OCR 」サービス提供開始

「年調・法定調書の達人」に自動転記できる達人Cubeの新サービス「AI-OCR」

年末調整にかかわる手書き書類をOCR読み取りし、「AI-OCR」が2021年11月1日より販売開始されました。

達人Cube「AI-OCR」とは?

達人Cube「AI-OCR」とは、AI inside社のAI-OCRツール「DX Suite」の技術を活用したOCRソリューションです。

今後税務に係る様々な書類や帳票の読み取りに順次対応する予定ですが、まずは第一弾として、年末調整に必要な各種書類の読み取りに対応します。

達人Cube「AI-OCR」は、顧問先から収集した手書きの年末調整書類を読み取り、
「年調・法定調書の達人」に自動転記することができる機能です。

対象の帳票

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書、給与所得者の保険料控除申告書

※本サービスは、当社が独自に規定する専用帳票にて顧問先様から情報を収集
 いただく必要があります。

 詳細は下記「ご利用条件・ご留意点」をご確認ください。

  給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

   給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 

   給与所得者の保険料控除申告書

   給与所得者の保険料控除申告書

特長

1.作業時間の大幅削減

  変換したデータはワンクリックで「年調・法定調書の
  達人」に取り込めますので、手入力に要していた時間を
  大幅に削減できます。

  本サービスにおける読み取り速度の計測結果
               (2021年7月時点)

   ※ いずれも専用用紙100枚あたり
   ※ 読み取り開始から、読み取り結果が画面に表示
    されるまでの時間を示します。

  読み取りに要した時間 参考:2020年度
検証時(改善前)
扶養控除等申告書 4分8秒/100枚 10分32秒/100枚
保険料控除申告書 3分30秒/100枚 18分33秒/100枚

2.初期設定不要

  初期設定は不要ですので、すぐに読み取りが可能です。

3.高い読み取り精度

  読み取り精度の高い「DX Suite」の技術を採用している
  ため、読み取り結果の誤りを修正する手間はほとんど
  ありません。

  「DX Suite」読み取り精度の計測結果
              (2018年10月時点)

  氏名99.6%、電話番号97.6%、住所92.0%

 

 達人Cube「AI-OCR」を使用した 
 年末調整業務の流れ 

 ※本サービスは、当社が独自に規定する専用帳票にて
  顧問先様から情報を収集いただく必要があります。
  詳細は下記「ご利用条件・ご留意点」をご確認ください。
 ※複合機は自社でご準備いただく必要があります。

 

ご留意点

・本サービスは、当社が独自に規定する専用帳票にて顧問先様
 から情報を収集いただく必要があります。
    ※前年度データが印字された状態で出力されます。
    ※当社が独自に規定する帳票での保管については、
     予め税務署等へ確認し、保管様式を満たす旨の
     回答をいただいております。

    ※専用帳票は達人Cube「AI-OCR」をご契約
     いただいたお客様のみが出力できるよう制御
     されています。
     「年調・法定調書の達人」の標準機能として
     どなたでもお使いいただける帳票ではありません
     のでご注意ください。

・本サービスは、「年調・法定調書の達人(令和03年分版)」
 プログラムのすべてのグレードで利用可能です。

・本サービスはAI Inside社のクラウドサービスを利用
 します。顧問先様の個人情報が外部のデータセンター
 (アマゾンウェブサービス(AWS)を利用)へ送信
 されることを予めご了承ください。

PAGE TOP